カテゴリー: 事務局からのお知らせ

【今週の改善のご報告】メッセージ入力時に送信フォームのポップアップが可能に!

2012.09.05

皆さま、こんにちは!

今週、2つ目の改善のご報告を致します!

今回の改善は
メッセージを入力するときに送信フォームを「ポップアップ」で表示出来るようになりました!

メッセージを記入する際に、
「以前のメッセージを見ながら記入をしたい!」と思ったことはございませんか?

ポップアップをご活用頂ければ、ウィンドウを分割して以前のメッセージを確認しながらメッセージの記入が可能に!

では、実際の画面で確認して見ましょう!

■ メッセージ送信フォーム「ポップアップ」機能の使い方 ■

①メッセージ送信フォームの右側にある、「ポップアップ」マークをクリック!

②メッセージ送信フォームがポップアップで表示されました!

これで、ウィンドウが分かれて以前のメッセージを確認しながらメッセージを記入できますね!

今回の改善はいかがでしたでしょうか?

クラウドワークスでは、これからも改善を続けて参りますので、
「使いやすい!」や「もう少しここを変えて欲しい」などございましたら、
ページ左上にあるβ版ご意見箱からお気軽にご連絡下さい!

 

【クライアント】(発注者)の皆さまに朗報!応募者に対して一括送信が可能に!

2012.09.02

皆さま、こんにちは!
今週、新たな機能を追加いたしました!

今回、追加されたのは「メッセージ一括送信」機能です。

クライアント(発注者)の皆さまから

「案件を投稿したら、多数の応募が来ていて1人1人に返信をするのが大変。」
「応募者の中から契約するメンバー(受注者)を決めたけれど、
それ以外のメンバーに個別にお断りのメッセージを送るのが大変。」

などのご意見を数多く頂きまして「メッセージ一括送信」機能の追加に至りました。

「メッセージ一括送信」機能には以下の2種類がありますので、必要に応じて使い分けて頂ければ幸いです。

【1】メッセージの一括送信            :同一のメッセージを複数人に送る場合
【2】お断りメッセージの一括送信  :応募に対してお断りをいれる場合

では、早速どのように「メッセージ一括送信」を行うか確認してみましょう!

■「メッセージ一括送信」機能の使い方■

①. 案件一覧画面へ移動し「応募・スカウト一覧」を選択。

②. 一括送信を行いたいメンバーを選択して、「メッセージの一括送信」または「お断りメッセージの一括送信」を選択。

③.  ②で「メッセージの一括送信」を選択した場合
一括送信したい内容を入力して「メッセージを送信する」をクリック。

送信完了!入力したメッセージがメンバーに一斉送信されました。

④. ②で「お断りメッセージの一括送信」を選択した場合
あらかじめ入力されている、お断りメッセージの例文を適宜編集して「お断りメッセージを送信する」をクリック。

送信完了!入力したお断りメッセージがメンバーに一斉送信されました。

「(お断り)メッセージ一括送信」機能をご活用頂くことで、クライアントがスムーズに返信を行えるようになり、
メンバーとのコミュニケーションが円滑になれば幸いでございます。

今回の様に、クラウドワークスでは皆さまからのご意見を積極的にサイトに反映し、
クライアント・メンバーの両方に「使いやすい!」と言って頂けるようなサイトを目指して参ります。

少しでも「使いづらい」と感じたらβ版ご意見箱からお伝え下さいますようお願い致します。

 

【今週の改善のご報告】応募有効期間が設定できるようになりました!

2012.08.30

皆さま、こんにちは!

先週に引き続きクラウドワークスのUX改善報告をさせていただきます!

この度、クラウドワークスでは新たにメンバー(受注者)の方が応募を行う時、
応募有効期間」が設定できるようになりました!

■「応募有効期間」とは?

 「応募有効期間」とはメンバーが案件に応募する時、クライアント(発注者)に対して、
 いつまでに連絡をして欲しいかを設定できる機能です
 ※設定した期間を過ぎてしまっても条件交渉・契約は可能です。

では、実際にどうやって「応募有効期間」を設定するのか見てみましょう。

■応募有効期間設定の設定方法 【メンバー(受注者)向け!】

 案件に応募する時に、ページ中部にある「応募有効期間」の右隣をご覧下さい。
 「
なし」と表示されているボタンが有るのでこちらをクリック。

応募有効期間の候補が表示されるので、その中からいつまでに返答が欲しいかを選択し、
必要事項を記入した後、「応募する」ボタンをクリック。

応募完了!

次は、クライアントの方がどうやって「応募有効期間」を確認できるか見てみましょう。

■「応募有効期間」の確認方法 【クライアント(発注者)向け!】

クライアントの方は応募者が設定した「応募有効期間」を案件一覧画面または、
応募・スカウト画面から応募有効期間を確認できます!

《案件一覧画面》

応募有効期間を確認したい案件の「応募・スカウト一覧」をクリック。
案件の右端にある「最終更新」欄にて「応募有効期間」を確認可能です。

《応募・スカウト画面》

応募・スカウト画面の右下にある「日時」欄にて「応募有効期間」を確認可能です。

応募有効期間を設定することによってクライアントはメンバーがいつまでに返事が欲しいか分かるようになるので、
応募後のやりとりがスムーズに行えるようになります!

今後も引き続きユーザーの皆様に「使いやすい!」と言ってもらえるように改善を続けて参ります!

また、クラウドワークスは皆様からの改善のご要望に積極的にお答えして参りますので、
「クラウドワークスに対する不満」
「こうして欲しいなどの要望」
ございましたらお気軽に画面左端にあるβ版ご意見箱からお願い致します!

フッターを改善!より見やすく!【今週の改善のご報告】

2012.08.20

皆さま、こんにちは!

今週もどんどん改善して行きます!

今回は【フッター】を項目別に分類!より見やすくしました!!

どれぐらい見やすくなったのでしょうか?実際の画面で見てみましょう!

Before  バラバラだったフッターの項目を、、、

 After 「クラウドワークス」、「サポート」、「企業情報」の3つに分類!より見やすく!

これまでバラバラだったフッターの項目が【クラウドワークス】、【サポート】、【企業情報】の3つに分類がされ、探したいことがよりカンタンに見つけられますね!

今回はデザインの改善のお知らせでした!

これまでは「使いやすさ」に関する改善が大半でしたが、これからは「見やすさ」にもこだわって改善を続けて行きます!

少しでも「使いづらい!」、「デザインをかえた方がよい!」などと感じた場合は、サイトの画面左上にあるβ版ご意見箱からどうぞ!たくさんのご意見・ご要望をお待ちしております!

クライアント(発注者)必見!閲覧数の増える案件投稿方法とは!?

2012.08.15

皆さま、こんにちは!

本日はクライアント(発注者)のみなさまに耳寄りな情報をお届けします!

あなたが案件を投稿する際に、

「案件の件名はどれぐらい書けばいいのだろう?」

「案件詳細の説明文はどれぐらい書けばいいのだろう?」

とお悩みになったことはありませんか?

先日、これまでクラウドワークスに投稿された全ての案件を分析を行なったところ、そんなあなたに役立つ情報が見つかりました!

それは… 「件名は10文字より多く、案件詳細は50文字より多くすること」です!

以下では分析結果を紹介します!

■分析① 「案件の件名はどれぐらい書けばいいの?」

【案件の件名の文字数が10文字以下の案件の平均閲覧数は171回!】     【案件の件名が文字数が11文字以上の案件の平均閲覧数は259回!

結果⇒件名が10文字より多い平均の閲覧数が51%アップすることが判明しました!

■分析② 「案件詳細の説明文はどれぐらい書けばいいの?」

【案件詳細の文字数が50文字以下の案件の平均閲覧数は129回!】      【案件詳細の文字数が51文字以上の案件の平均閲覧数は216回!】

結果⇒案件詳細が50文字より多い平均の閲覧数がなんと約67%アップすることが判明しました!

実際の【新規案件投稿画面】で説明します!!

以上から分かることは、「案件の件名と内容を具体的に記載すると閲覧数が大きく増える」ということですね!!

新しく案件を投稿する際は件名は10文字より多く、案件詳細は50文字より多くすることを目安にしてはいかがでしょうか?

今回は耳寄り情報をお伝えしましたが、今後とも皆さんにカンタン便利にお使い頂けるように改善を続けて参りますので、これからもクラウドワークスをよろしくお願い申しあげます!