2024年 2月の記事

「AIアノテーション」などAI関連の新たな仕事カテゴリ・職種・スキルを選べるようになりました!

2024.02.07
ai_annotation_release

いつもご利用いただき、誠にありがとうございます。

クラウドワークスでは、「AIアノテーション」を始めとしたAI関連のお仕事の受発注を強化しております。

このたび、「AIアノテーション」などのAI関連の新たな仕事カテゴリ・職種・スキルを追加し、
ワーカー・クライアントの皆さまが仕事検索・仕事依頼しやすいようアップデートしました!

該当されるワーカーさまは、職種・スキルの登録をお願いいたします。
新たに追加された職種・スキルのワーカーさまに仕事依頼したいクライアントさまは、ワーカー検索をご利用ください。
新しい仕事カテゴリでの仕事募集・仕事検索にもぜひご活用ください!


アップデート概要

1. 「AIアノテーション」など新たな仕事カテゴリ追加、及び「AI(人工知能)・機械学習」関連カテゴリの構成を変更しました
2. 職種に「AI関連サービス」「AIアノテーター」を新しく追加しました
3.  「AIアノテーション」のスキルを追加しました



1.「AIアノテーション」など新たな仕事カテゴリ追加、及び「AI(人工知能)・機械学習」関連カテゴリの構成を変更しました

・「AIアノテーション」の仕事カテゴリを新しく追加しました。
・これに伴い、既存の仕事カテゴリ「AI(人工知能)・機械学習」関連のカテゴリ構成を変更しました。


<変更前のカテゴリ構成>

大カテゴリ中カテゴリ小カテゴリ
システム開発AI(人工知能)・機械学習ChatGPT開発
AI・チャットボット開発
機械学習・ディープラーニング

<変更後のカテゴリ構成>

大カテゴリ小カテゴリ
AI(人工知能)・機械学習ChatGPT開発
AI・チャットボット開発
機械学習・ディープラーニング
AIアノテーション(※新設)

▼「AI(人工知能)・機械学習」カテゴリなどの募集中の仕事を見る
https://crowdworks.jp/public/jobs/category/311?ref=blog_2402



2. 職種に「AI関連サービス」「AIアノテーター」を新しく追加しました

・職種の大分類に「AI関連サービス」を追加し、それに紐づく職種として「AIアノテーター」を追加しました。
・これに伴い、既存の小職種「AIエンジニア」「プロンプトエンジニア」「AIデザイナー」も「AI関連サービス」配下に変更しました。


<追加された職種>

大分類小分類
AI関連サービス
(※新設)
AIアノテーター(新設)
AIエンジニア
プロンプトエンジニア
AIデザイナー

▼職種の変更方法(ワーカー向け)
・マイページ > プロフィール編集 > ワーカー情報編集


▼ワーカーを探したい方はこちら(クライアント向け)
「AIアノテーター」の登録ワーカーを見る
https://crowdworks.jp/public/employees/occupation/146?ref=blog_2402

「AIエンジニア」の登録ワーカーを見る
https://crowdworks.jp/public/employees/occupation/98?ref=blog_2402

「プロンプトエンジニア」の登録ワーカーを見る
https://crowdworks.jp/public/employees/occupation/142?ref=blog_2402

「AIデザイナー」の登録ワーカーを見る
https://crowdworks.jp/public/employees/occupation/145?ref=blog_2402



3. 「AIアノテーション」のスキルを新たに追加しました

<追加されたスキル>
AIアノテーション


▼スキルの登録方法(ワーカー向け)
・マイページ > プロフィール編集 > スキル登録



今後もより良いお仕事のマッチングを提供できるよう、サービスの改善に努めてまいります。

引き続き、クラウドワークスをよろしくお願いいたします。

未出金報酬のCSVファイルが、よりわかりやすくなりました

2024.01.30

【追記(2024/02/02):対応が完了したため情報を更新しました】

クラウドワークス事務局です。

いつもクラウドワークスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ユーザーの皆さまからのご要望にお応えし、未出金報酬画面のCSVファイルを改善いたしました。
これにより、ワーカーの皆さまが確定申告をおこなう際、よりご利用いただきやすくなります。

変更日

2024年2月2日

CSVファイルの変更点

以下の通り変更いたします。

※実際の画面とは異なる場合があります。

  1. 1行目の項目名称を以下の通り変更します
    • 「タイトル(仕事名)・名目」→「案件名」
    • 「金額」→「出金対象額」
  2. 以下の列を追加いたします
    • 契約金額(税込)・税率(%)
    • システム利用料(税込)・税率(%)

CSVファイルの取得方法

未出金報酬画面にて、対象月を選択することでダウンロード可能です。
※月を選択しない状態でのダウンロードはできません。

今後も、より便利にご利用いただけるようサービス改善してまいります。
引き続き、クラウドワークスをよろしくお願いいたします。

各種手数料のインボイス対応について【2024年2月2日リリース済み】

2024.01.22

【追記(2024/02/02):対応が完了したため情報を更新しました】

クラウドワークス事務局です。

いつもクラウドワークスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

システム利用料・振込手数料(口座誤りによる未入金分含む)・クイック出金手数料(以降「各種手数料」)のインボイス対応についてお知らせいたします。

リリース日

2024年2月2日

各種手数料の適格簡易請求書(簡易インボイス)取得方法

未出金報酬画面・出金履歴画面(ワーカー向けクライアント向け)のスクリーンショットを、適格簡易請求書(簡易インボイス)として取り扱うことができます。

※各種手数料を除く取引(契約金額・報酬金額・オプション支払額・返金額等)については、未出金報酬画面・出金履歴画面のスクリーンショットを適格簡易請求書(簡易インボイス)として扱うことができません。すでにご利用可能な「請求書」ボタンから適格請求書を発行してください。
参考:1. どうすれば適格請求書(インボイス)の発行・ダウンロードができますか|クラウドワークスのインボイス対応について、よくある質問にお答えします – クラウドワークス お知らせブログ

未出金報酬画面・出金履歴画面の変更点

各種手数料のインボイス対応に伴い、未出金報酬画面・出金履歴画面を以下の通り変更いたします。
※実際の画面とは異なる場合があります。

  1. 株式会社クラウドワークスの適格請求書発行事業者登録番号、および注意事項等の記載を追加します(未出金報酬画面・出金履歴画面共通)
  2. 「支払い確定日」「振込予定日」「報酬・返金・手数料確定日」の記載位置を変更し、案件名下部に記載します(未出金報酬画面・出金履歴画面共通)
  3. システム利用料行を追加します(未出金報酬画面・出金履歴画面共通)
  4. システム利用料額の明記、消費税率を記載します(未出金報酬画面・出金履歴画面共通)
  5. 手数料等控除前の契約金額を記載するほか、出金可能額がわかりやすくなるよう、表の形式を変更します(未出金報酬画面のみ)

あわせて、以下のお知らせもご確認ください。

インボイス制度に関連する機能のご利用開始時期について – クラウドワークス お知らせブログ

クラウドワークスのインボイス対応について、よくある質問にお答えします – クラウドワークス お知らせブログ

その他、インボイス制度の詳細につきましては弊社からお答え致しかねますので、国税庁のホームページをご覧いただくか、最寄りの税務署にご確認いただけますと幸いです。

▼国税庁 インボイス制度 特設サイト
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/invoice.htm

また、ビズアシをはじめとした株式会社クラウドワークスが提供する他のサービスのインボイス対応の詳細につきましては、各サービスの窓口にお問い合わせください。

引き続き、クラウドワークスをよろしくお願いいたします。

【お知らせ】能登半島地震被災者への支援プロジェクトを開始しました。

2024.01.19
能登半島地震被災者への支援プロジェクトを開始しました。

クラウドワークス事務局です。
平素より弊社サービスをご利用くださり、誠にありがとうございます。

令和6年能登半島地震で被災された皆さま、ご家族、ならびにご関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

クラウドワークスのサービスをご利用いただくワーカーの皆様・企業の皆様におかれましては、被災地に拠点をお持ちの方も多くいらっしゃり、クラウドワークスをご利用のワーカー・企業の皆様からもたくさんの声援をいただいております。

クラウドワークスは「個のためのインフラ」として、プラットフォームを通じて、利用者の方々のご負担なく、被災地の方々を応援できる取り組みをおこないたいと考えております。

被災された方々が、一日も早く平常な生活に戻られることをお祈りしつつ、このプロジェクトへの賛同をいただける方はご参加いただけますと幸いです。

プロジェクトに参加する>>


■能登半島地震被災者支援プロジェクトの概要


皆さまの応募1件あたり10円・発注1件あたり200円を、
被災者支援のためにクラウドワークスが寄付いたします。

・プロジェクトに参加いただいたユーザーの皆さまの応募・発注数に応じて、株式会社クラウドワークスが被災者支援のための寄付をおこないます。

 ・応募:1件あたり10円
 ・発注:1案件あたり200円
 ・対象期間:2024年1月19日(金)〜 2024年2月29日(木)

・プロジェクトに参加いただいた皆さまに、寄付金のご負担はありません。

・寄付は、日本赤十字社の「令和6年能登半島地震災害義援金(石川県、富山県、新潟県、福井県)」を通じておこないます。
 ・後日、寄付額を開示し、日本赤十字社からの義援金受領証を公開いたします。


■寄付の仕組み

寄付の仕組み

①プロジェクト参加ページにて、クラウドワークスに登録しているメールアドレスを送信し、参加登録する

②参加ユーザーの皆さまが、クラウドワークスに掲載されているお仕事に応募、または新しくお仕事を発注する

「応募」の条件:
  ・全依頼形式への応募が対象(プロジェクト形式への応募・タスク形式の作業・コンペ形式への提案)
  ・相談(条件提示、提案、作業をしていないメッセージのやり取り)は対象外

「発注」の条件:
  ・全依頼形式が対象(プロジェクト形式・タスク形式・コンペ形式)
  ・お仕事が公開されていること
  ・募集中断や公開審査中のお仕事は対象外

③対象期間の応募・発注件数から寄付額を算出する

2024年1月19日(金)〜 2024年2月29日(木)の
参加ユーザーの皆さまの応募・発注件数に応じて、寄付額を算出いたします。

【10円✕応募件数】+【200円✕発注件数】= 寄付額

④算出された額を、株式会社クラウドワークスが日本赤十字社の「令和6年能登半島地震災害義援金(石川県、富山県、新潟県、福井県)」に全額寄付

本プロジェクトにおいて、ユーザーの皆さまに寄付金のご負担はありません。


■注意事項

・2024年1月19日 12時00分〜2024年2月29日23時59分までに、プロジェクト参加ページから参加登録をおこない、クラウドワークスでお仕事に応募またはお仕事を発注した方が対象です。
 対象期間以外におこなわれた応募・発注については、寄付額算出対象に含まれません。
・利用制限中・募集中断中、そのほか利用規約やお仕事依頼ガイドラインへの違反行為と事務局によって判断されたユーザーさまの応募・発注については、原則として寄付額算出対象となりません。
・寄付金は、日本赤十字社の「令和6年能登半島地震災害義援金(石川県、富山県、新潟県、福井県)」に寄付させていただく予定です
・寄付額の目標(上限)は500万円となります。

プロジェクトに参加する>>


被災地と被災者の皆様の一日も早い回復を、心よりお祈り申し上げます。

「個のためのインフラになる」
クラウドワークス

【重要】お問い合わせへの回答に使用しているメールアドレスのドメイン変更と問合せフォームの一時停止について

2024.01.10

いつもクラウドワークスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、お問合せフォームよりいただいたお問い合わせへの回答に使用している、クラウドワークス事務局のメールアドレスのドメイン(@の後ろ部分)を変更いたします。

また、ドメイン変更に伴う作業のため、問合せフォームからのお問い合わせの受付を一時停止いたします。

■メールアドレス変更日時:2024年1月23日(火)6:00以降
■問合せフォーム受付停止:2024年1月23日(火)6:00~9:00
■ドメイン変更点
旧:crowdworks.co.jp
新:sfu.crowdworks.jp

※ドメイン変更及び問合せフォーム受付停止の日時について、変更がある場合はマイページにてお知らせいたします。

旧ドメインのメールアドレスにつきましては、2024年1月23日(火)6:00以降は受信できない状態となります。

2024年1月23日(火)6:00以降、旧ドメイン(crowdworks.co.jp)のメールアドレスから届いているお問い合わせへの回答にご不明点等がある場合は、お手数ですが改めて問合せフォームよりご連絡ください。

問合せフォームの受付再開以降は、ドメインが「sfu.crowdworks.jp」の新しいメールアドレスよりお問い合わせへの回答を送るため、迷惑メールに振り分けられないよう受信設定をお願いいたします。

ユーザーのみなさまにはご不便をおかけしますが、ご理解いただけますと幸いです。

引き続き、クラウドワークスをよろしくお願いいたします。