【全ユーザーの皆様!】新機能「ありがとうボタン」をリリースしました!!!

2013.04.02

毎日の”ありがとう”をもっと気軽に。

本日クラウドワークスは
「ありがとうボタン」
をリリースしました!!

「ありがとうボタン」とは、日頃の感動や、ふとした時の感謝を、気軽に相手に伝えることのできる新機能です。

「いつも返信早くて助かっています!」
「あなたに任せてホントによかった!」
「また一緒に仕事しましょう!」

『「働く」を通して人々に笑顔を』を掲げているクラウドワークスでは、
日々の「ありがとう」をもっと身近にしたいと考えています!

1.”ありがとう”を伝えよう!

”ありがとう”を伝える

では実際に”ありがとう”を伝えるフローをご紹介します。

「ありがとうボタン」の使い方は非常にシンプルで、プロフィールなどにあるアイコンを直接クリックすればOKです!

ボタンを押すと、”ありがとう”のカウントが1プラスされ、相手にお知らせが通知されます。

また、「ありがとうボタン」はユーザーのプロフィール画面以外にも、

  • 仕事管理のユーザー情報欄
  • メッセージ画面のユーザー情報欄
  • マイチーム画面のユーザー情報欄

などからクリックすることができます。

”ありがとう”を受け取る

「ありがとうボタン」を押された側は、お知らせから知ることができます。

またお知らせをクリックすると、自分が今まで”ありがとう”をもらったユーザー一覧が表示されます。

このページからも「ありがとうボタン」を押すことができるため、日頃関わりのあるユーザーから”ありがとう”をもらった時は、こちらからも”ありがとう”を返すことで積極的にコミュニケーションしてみましょう!

2.”ありがとう”のルール

”ありがとう”は1日1回だけ

「ありがとうボタン」を押せるのは1人の人に対して、1日1回だけです。

毎日午前0時になると「ありがとうボタン」がリセットされるので、再度同じ人に”ありがとう”を送ることができます。
(※午前0時になっても、”ありがとう”のカウントがリセットされることはありません。)

また、違う人に対してなら1日に何人でも押すことができます!

ログインしている人だけが押せる

「ありがとうボタン」はログインしている人だけが押せるようになっています。

自分に”ありがとう”はできない

自分に対して”ありがとう”を送ることはできません。

「ありがとうボタン」にカーソルを動かすと、以下の表示が現れます。

ユーザー同士の”ありがとう”を大切にしましょう!

取消はできない

ユーザーの皆様に気持ち良く使っていただくため、「ありがとうボタン」は押すと取消できないようになっています。
(現実でも”ありがとう”の取消はないですよね!)

気軽に毎日の”ありがとう”を届けてみましょう!


本日、クラウドワークス事務局から、ユーザーの皆様全員に
日々の感謝の印として、”ありがとう”を送らせて頂きます。

ワンクリックで感謝の思いを伝えられることで、皆様が働くことをより楽しいと感じて頂けるよう願っております!!

これからもクラウドワークスをよろしくお願い致します!

【速報!!】クラウドワークスがYahoo! JAPAN IDとログイン連携しました!

2013.03.28

ユーザーの皆様お待たせしました!

本日クラウドワークスは
Yahoo! JAPAN IDと
ログイン連携しました!!

1月21日に「Yahoo!クラウドソーシング」との連携(http://crowdworks.jp/press/?p=771)を発表しましたが、本日よりクラウドワークスは皆様お馴染みのYahoo! JAPAN IDでログインできるようになりました!

Yahoo! JAPANにログインしていれば、いつでもクラウドワークスにログインできるため、より便利にご利用いただけます。

今回は簡単にログインする手順をご紹介していきます!

1.ログイン画面を開く

通常通りクラウドワークスのログイン画面から、「Yahoo! JAPAN IDでログイン」をクリックする。

2.Yahoo! JAPAN IDを入力する

続いてYahoo! JAPAN IDを入力します。

※既にYahoo! JAPANにログインしている場合はここの手順は必要ありません。

3.認証に同意する

「ユーザー識別子」、「姓名・生年・性別」、「メールアドレス」、「住所情報」の4つの情報を取得することに対しての認証が入るので、確認した上で「同意する」をクリック。

これでYahoo! JAPAN IDでのログイン完了です!


より手軽にログインできるようになったクラウドワークスをぜひ積極的にご活用ください!!

【法人の皆様に朗報!!】NDA・請求書などの文書発行機能をリリース!

2013.03.27

クライアントの方要チェック!

先日クラウドワークスでは

文書発行機能をリリースしました!!

 

クラウドワークス上で、秘密保持契約書(NDA)や、請求書・領収書といった各文書を、発行できるようになりました!

「請求書や領収書を発行できるようにしてほしい!」
「クラウドワークス上でNDAって結べないの?」

法人の皆様からこういった声を多数頂き、以下の6種の文書をサイト上で発行できるように致しました!
・秘密保持契約書
・発注書
・納品書
・検収書
・請求書
・領収書

今回はそれぞれの文書を発行する際のフローに関してご説明していきます。

1.請求書など各種文書を発行する

秘密保持契約書を除く、5種類の文書を発行する方法をご紹介します。

これらはクラウドワークス上での契約手続きが終了した時点で発行可能となります。

発行側のフロー

まずは仕事管理画面の契約中・過去契約のタブから、文書を発行したい案件の「契約詳細」をクリックします。
https://crowdworks.jp/contracts/employer

続いて発行したい文書を選択します。

各項目を記入し、「プレビューで内容を確認する」をクリックします。

印刷用文書がサイト上に表示されますので、確認後「この内容で発行する」をクリック。

各種文書は1度発行すると編集・取消を行うことができなくなりますので、
事前にしっかりチェックするようにしましょう!

受領側のフロー

受領側は、発行された文書を画面右上のお知らせから確認することができます。

メッセージで発行された旨を伝えられたら、必ず確認するようにしましょう!

2.秘密保持契約を結ぶ

発行側フロー

秘密保持契約書も他の5種類の文書同様、契約詳細画面から発行することができます。

まずは仕事管理画面の契約中・過去契約のタブから各案件の「契約詳細」をクリックします。
https://crowdworks.jp/contracts/employer

少しスクロールした「契約内容」の欄から、「秘密保持契約を締結する」をクリック。

特記事項記入欄もあり、秘密保持契約の内容に含まれない個別の取り決めを記載することができます。

また、受領側の承諾が済んでいない間は修正を行うことが可能です。
修正は発行側が先ほど同様、契約詳細画面より行えるようになっています。

受領側のフロー

受領側は他の文書同様、お知らせより確認することができます。

 

3.FAQ

Q1.一度発行した文書の修正はできますか?

秘密保持契約書を除く各文書は、一度発行すると後から修正できないようになっています。

発行する際は以下のように、確認ポップアップが表示されますので、必ずチェックした上で確認ボタンを押すようにしましょう。

 

Q2.複数案件の文書をまとめて発行できる機能はあるか?

現在では文書をまとめて発行できる機能はなく、各案件ごとにそれぞれ文書を発行して頂く形です。

【全ユーザーの皆様!】クラウドワークスは1周年を迎えました!!!

2013.03.21

いつもご利用頂きありがとうございます!

本日クラウドワークスは

1周年を迎えました!!!

クラウドワークスは本日3月21日を持って、1周年を迎えました!
これもいつもご利用頂いているユーザーの皆様1人1人のおかげでございます。

クラウドワークスでは1周年を祝しまして、

  • 住所登録頂いた全ユーザーに手書きメッセージ入りのポストカード送付
  • ユーザーの仕事、恋愛事情に関するアンケート調査とまとめ

を実施いたしました。

アンケートにご協力頂いた皆様はありがとうございました!
結果は以下のURLからご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてください。

▽一周年特設ページはこちら
http://crowdworks.jp/questionnaire/anniversaries/result


まだまだ未熟なサービスであり、ユーザーの皆様にはご不便をおかけすることもございますが、
”「働く」を通して人々に笑顔を” をコンセプトに、より使いやすいサービスを目指して参りますので、
これからも引き続きクラウドワークスを宜しくお願い致します!!

【クライアントの皆様に朗報!!】リピート発注機能をリリースしました!

2013.03.15

機能改善の速報です!
この度クラウドワークスでは
リピート発注機能をリリースしました!!

リピート発注機能とは、過去契約をしたことのある人ボタン1つで別の仕事を依頼することができる機能です!

「あのメンバーにまた仕事を依頼したい!」
「同じ人に依頼したかったのに、契約までが面倒くさかった!」
という方にとってはとても便利な機能になっています。

リピート発注機能は、「仕事管理」画面「マイチーム」画面より行えます。
それぞれ案件依頼までのフローをご説明しますので、今すぐ試してみましょう!

1.「仕事管理」画面から依頼する

まず「仕事管理」画面より依頼する方法をご紹介します。
https://crowdworks.jp/contracts/employer
「仕事管理」画面の「終了した契約」の欄から、「別の仕事を依頼する」をクリック。

「〇〇さんに別の仕事を依頼する」という画面に遷移するので、こちらから条件などを設定して直接依頼することができます。

2.「マイチーム」画面から依頼する

続いて「マイチーム」画面より依頼する方法をご紹介します。
https://crowdworks.jp/team

「マイチーム」画面の「待機メンバー」の欄から、仕事を依頼したい人の「契約一覧を見る」をクリック。

先ほどと同様に、「終了した契約」の欄から「別の仕事を依頼する」をクリックすると、その人だけに向けた依頼が行えます。

以上、リピート発注機能のご紹介でした!

これでいちいち、新しい仕事を登録して、非公開にして、スカウトして、という諸々の手間が省けますね!
より便利になったクラウドワークスをぜひ継続的にご活用ください!!